せどり と アフィリエイト を 専業にしている ”せどりエイター” の カミカミ大王 が、ネットビジネス初心者さんへ 「まずは月収1万円」 GETするための、オススメ商材や無料オファーなどを紹介します♪

ここからコンテンツ内です。
  1. 収入アップ大作戦!アフィリエイト初心者でも毎月安定して1万円稼ぐ方法
  2. > 日産、Vプラットフォームを採用した2代目「ラティオ」を発表

夢リタ


 初めての方はまずはコチラをお読みください ⇒ 当ブログのコンセプト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント(-)
  3. カテゴリー:スポンサー広告

日産、Vプラットフォームを採用した2代目「ラティオ」を発表


アフィリエイト的自立プログラム


アフィリエイトが行えるWordPressテーマ楽天API


アフィリエイトが行えるWordPressテーマYahooAPI


せどりとアフィリエイトで片手間に30万稼いで、自由な時間をGETしよう!




日産、Vプラットフォームを採用した2代目「ラティオ」を発表


Impress Watch 10月5日(金)22時0分配信











日産、Vプラットフォームを採用した2代目「ラティオ」を発表
写真:Impress Watch



 日産自動車は10月5日、同社のグローバル本社で、同日フルモデルチェンジしたコンパクトセダン「ラティオ」の発表会を行った。



【拡大画像や他の画像】



 ラティオは、2004年10月にコンパクトハッチバック車であるティーダのセダンモデル「ティーダラティオ」としてデビュー。日本国内ではややティーダの陰に隠れがちではあったものの、セダンニーズの高いアメリカや新興市場で堅調に販売数を伸ばし、これまでに世界150カ国以上の市場で約50万台を販売している。そんな市場動向を受け、2代目からは同社の“コンパクトセダン・グローバル戦略車”として開発を実施。生産拠点もメキシコ、中国、タイ、インドに分散し、日本市場での販売車両は「マーチ」と同じくタイから輸入される形となった。



 発表会の冒頭、同社の片桐隆夫副社長はラティオに与えられたポジショニングやターゲットユーザーなどといった車両概要を説明。この中で、初代ラティオの国内販売台数の半分が法人需要であること、コンパクトセダン・グローバル戦略車として新興市場でも販売を行い、初代ラティオと比較して年間約5万円のランニングコスト節約を実現する高い経済性を持っていることなどを紹介した。



 また、2代目ラティオが持つ魅力について、効率的な車両レイアウトの追求によって、5ナンバーセダンながらLクラスセダン並みの後席ニールームを確保するとともに、乗り心地のさらなる向上にあると強調している。ターゲットユーザーは、これまでセダンに乗り継いできた愛好家のダウンサイジングのニーズや、ビジネスユースなどを中心に、月販1200台を目標にすると言う。



 このほか、ラティオ発売後にも年末には「シルフィ」のフルモデルチェンジを予定しており、4月の「シーマ」、6月の「NV350キャラバン」、8月の「セレナ S-HYBRID」、9月の「ノート」などという新車攻勢によって、国内市場における“確固たる2位の座”を目指していくと語った。



 片桐副社長に続いて登壇した、商品企画室の都築邦康チーフプロダクトスペシャリスト(CPS)は、2代目ラティオの開発キーワードとして「正統派セダンとしての上質感あるスタイル」「広くて快適な室内空間」「クラストップの燃費性能」「お求めになりやすい価格」という4点を目指したと説明。



 ターゲットユーザーの利用シーンとしては、個人ユーザーでは「セダンに継続的に乗り続けたい」と考えるベテランドライバーで、子育てが終わった後に飽きずに長くつき合えるスタンダードな5ナンバーセダンを選びたいというニーズを想定。法人需要の営業車では、貴重な医療サンプルを積載する医療分野や、後席に大切な顧客を乗せて移動する機会のある金融・不動産関係での利用を視野に入れている。



 このほかのトピックとしては、2代目ラティオのG、Xグレードにはオーテックジャパンが手がける助手席回転シート仕様車を設定したことが挙げられる。



 これまでのパターンなら、こうした車両はオーテックが「ライフケアビークル」とグループ分けする福祉車両の位置づけになっていたが、今回は敢えてライフケアビークルの名称を外している。これには、スカートや和服を着ている人が気軽に乗り降りするアイテムとして活用してほしいという意図が込められているからで、純正装着シートを流用し、簡易的な手動操作を可能にすることで、ベース車から8万4000円高という手ごろな価格設定を実現。



 また、見た目にも純正シートに折りたたみ式のフットレストと操作用のストラップが追加され、回転機構の分、わずかに座面が高くなるだけなので、ドアを閉めた状態ならほぼ見分けがつかないレベルに仕上がっている。



 なお、10月5日~26日の間、全国の日産ギャラリーで新型ラティオ誕生イベントを実施。発表会が行われたグローバル本社のギャラリーでは、5色6台の2代目ラティオに加え、「サニー1000 スポーツデラックス(1967年)」、「チェリーX-1 4ドア(1970年)」、「パルサー4ドアサルーン」の3台が展示されている(10月11日のみ展示車両、展示内容が異なる)。





【Car Watch,佐久間 秀】







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121005-00000063-impress-ind
※この記事の著作権は配信元に帰属します


⇒ ブログランキング

関連記事
  1. トラックバック:0|
  2. コメント:0
  3. カテゴリー:最新ビジネスニュース

コメント

コメントを投稿する

コメント:

秘密: (管理者だけに表示を許可する場合)
 

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamikamidaiohtokuten.blog.fc2.com/tb.php/29-288e984e
  1. 収入アップ大作戦!アフィリエイト初心者でも毎月安定して1万円稼ぐ方法
  2. > 日産、Vプラットフォームを採用した2代目「ラティオ」を発表
ブックマーク&RSS


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング&相互リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。