せどり と アフィリエイト を 専業にしている ”せどりエイター” の カミカミ大王 が、ネットビジネス初心者さんへ 「まずは月収1万円」 GETするための、オススメ商材や無料オファーなどを紹介します♪

ここからコンテンツ内です。
  1. 収入アップ大作戦!アフィリエイト初心者でも毎月安定して1万円稼ぐ方法
  2. > 「MAKERS」に学ぶ、もの作りの未来と可能性

夢リタ


 初めての方はまずはコチラをお読みください ⇒ 当ブログのコンセプト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント(-)
  3. カテゴリー:スポンサー広告

「MAKERS」に学ぶ、もの作りの未来と可能性


100億円ライティング


アフィリエイトサイト・ブログ記事自動生成ツール【E1-Master】&【E1-Grande】と【フラクタル・アフィリ】


s0381【楽販アフィリオ】3倍速に挑戦!中国語をリスニング


せどりとアフィリエイトで片手間に30万稼いで、自由な時間をGETしよう!




「MAKERS」に学ぶ、もの作りの未来と可能性


誠 Biz.ID 12月6日(木)16時34分配信











「MAKERS」に学ぶ、もの作りの未来と可能性
『MAKERS―21世紀の産業革命が始まる』クリス・アンダーソン(著)、関美和(翻訳)



5分で読むビジネス書:

 『ロングテール』『フリー』と、ベストセラー書籍を連発しているクリス・アンダーソン氏の新作『MAKERS』を読んだ。今日はその感想などを書いてみたい。



【他の画像】



●もの作りは「工場に発注」から「3Dプリンタで“印刷”」へ



 クリス・アンダーソン氏によれば、これからの10年でもの作りの世界が革命的な変化を迎えるという。



 例えば、80年代に「デスクトップパブリシング」が登場し、われわれは印刷工場に発注しなくても印刷物を卓上のプリンタから手にすることができるようになった。いまとなっては当たり前になったことだが、確かに80年代に起きた画期的な新技術の1つだ。



 近い将来、同じようにあらゆるものが工場に発注しなくても、3Dプリンタで「印刷」することで手に取ることができるようになるという。魔法のようにも聞こえる話だが、この動きはすでに始まっていて、日本でもローランドDGが「iModela」という3Dプリンタを製品化しているし、海外でもいくつかの製品が販売されている。3DのCADの情報があれば、デスクトップでその形状の物体を手軽に製造できる時代が始まっているのだ。さらに、電子回路まで印刷できるようになるには、時間は必要だがそれすらも可能だという。



 3Dプリンタのある未来では大きな工場を自ら持たなくてもよいので、メーカーとしての事業を立ち上げやすくなるという。20世紀のモデルでは、大量消費・大量生産でコストを安くできるが、3Dプリンタのある21世紀の「MAKERS」は、生産の自動化が進み、少量生産でもコストは大きく変わらないので、顧客の近くで細かなニーズに合わせて商売を行うことが逆に強みになり、大量生産の大会社とは差別化をしながら共存ができるという。まさにハードウエアの「ロングテール」の商売である。



 3Dプリンタをはじめとするこれらの新しい技術は今後の製造業を大きく変え、21世紀の産業革命としてわれわれの生活を大きく変えることになるだろうというのだ。これまでの情報革命は、パソコンやインターネットの登場により個人の情報環境を革命的に変えたが、それがもの作りにまで拡大し、革命はより深く広く産業構造にまで広がっていくという。



●3Dプリンタ革命のインパクト



 中国の経済的成長に伴い、これまで中国の低賃金と生産力に依存してきた時代が変化しようとしているが、日本や米国の製造業が息を吹き返すチャンスが来るのかもしれない。誰でも3Dプリンタを使って手早く試作品を製造できるようになるだけでなく、そのデータを使って大きなロットが販売できそうな場合にだけ、大工場に製造を依頼すればいい。中国の大工場はそのときに大きな力を発揮する。技術の進歩の度合いにもよるが、小ロットなら3Dプリンタで製造したものを販売するだけで済ますことも考えられるという。大会社が行うような大規模なマーケティング調査の必要もなく、目の前の顧客の細かいニーズに小ロットでも応えられるようになれば、小さな会社でもリスクを抑えた商売が可能だ。



 もちろん、現在の3Dプリンタは、扱える素材や加工方法や解像度(例えば、できあがりの製品の細部の細かさ)が不十分で、デスクトップパブリシングの例でいえば、80年代のドットマトリクスプリンタの時代に相当するという。あのころはギザギザな文字しか印刷できなかったが、それから約30年経った現代ではデスクトップのプリンタによる印刷品質は大幅に進歩した。レーザープリンタの登場で解像度が上がりギザギザ感が解消され、その後、写真並みのフルカラー印刷まで手軽に行えるようになった。3Dプリンタも同様に、技術の進歩には期待できるという。



 アンダーソン氏はWired誌の編集長として、また『ロングテール』や『フリー』の著者として有名なので、わたしは、もの作りというよりはどちらかというとWebの世界の方だと勝手に考えていたのだが、実は違っていた。氏は、もの作りにおいても一流で、3D RoboticsというラジコンヘリコプターとそのDIY部品を製造販売する会社の経営者でもある。本書ではその経験もあわせて綴られているので、さらに説得力が増している。



 いずれにしても、久しぶりにわくわく感のある話である。



 80年代のデスクトップパブリシングの話もその1つだが、あのころから90年代にかけて、パソコンの登場からインターネットの普及まで、たくさんの夢が現実になっていったのを思い出した。このところ、もの作り企業の元気がない日本ではあるが、もっと技術の進歩による夢の実現に賭けてもいいんじゃないかと思う。現在の日本はあまりに夢を語らなくなりすぎていると思う。80年代、日本はもの作りで世界を席巻した国だったはずだ。



 そしてもう1つの大事なポイントは、今後もの作りのビジネスを考える際には、大企業に依存するだけではなく、小さな会社でも成功可能ということだ。もちろん、知恵とタイミングが必要だろう。これまでの常識にとらわれないやり方で「メーカー」になれる道がありそうだ。



●重要なのは「クリエイター」としての仕事



 今後のもの作りには「クリエイター」の仕事がますます重要になると感じている。ここでいう「クリエイター」とは、「どんなものを、どんなシナリオでお客様に使ってもらい、そして喜んでもらえるか」を考える力を持った人たちだ。Webだけではない、例えば工業デザイナーと呼ばれている人たちだ。「ユーザーエクスペリエンスデザイン」という分野があるが、まさにそんな分野が重要だ。



 Web制作だけがクリエイターの道ではない。「もの作り」に興味を持つ若い人が減っていることが危惧される昨今、80年代を知らない若い世代も、夢のない大人のいうことを聞くよりは、この本を読んで夢を現実にしてほしいと思う。



 本当にそんな夢を考えさせてくれる1冊である。もの作りをずっと考えてきたベテランには、もう1度「もの作り」を考えるよい機会になる本であるが、それよりも、特にもの作りを考える若いクリエイター志望の学生たちに、ぜひ読んでいただきたい本である。



[鈴木啓一,Business Media 誠]



※この記事は、誠ブログの「kei_1のモバイル・クラウド・言いたい放題:「MAKERS」を読んで」より転載、編集しています。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121206-00000071-zdn_b-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します


⇒ ブログランキング

関連記事
  1. トラックバック:0|
  2. コメント:0
  3. カテゴリー:最新ビジネスニュース

コメント

コメントを投稿する

コメント:

秘密: (管理者だけに表示を許可する場合)
 

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamikamidaiohtokuten.blog.fc2.com/tb.php/40-f5b0450e
  1. 収入アップ大作戦!アフィリエイト初心者でも毎月安定して1万円稼ぐ方法
  2. > 「MAKERS」に学ぶ、もの作りの未来と可能性
ブックマーク&RSS


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング&相互リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。