せどり と アフィリエイト を 専業にしている ”せどりエイター” の カミカミ大王 が、ネットビジネス初心者さんへ 「まずは月収1万円」 GETするための、オススメ商材や無料オファーなどを紹介します♪

ここからコンテンツ内です。
  1. 収入アップ大作戦!アフィリエイト初心者でも毎月安定して1万円稼ぐ方法
  2. > 甲子園大会の「盲点の1点」を構造化してみると

夢リタ


 初めての方はまずはコチラをお読みください ⇒ 当ブログのコンセプト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント(-)
  3. カテゴリー:スポンサー広告

甲子園大会の「盲点の1点」を構造化してみると


【15.19% 驚愕の成約率!】 高機能サイト作成ツール『火の鳥』 月収12万円から150万円に華麗に転身した叶がプロデュースした今一番稼ぎやすいツール!


特典にできる【インスタントリセールライト】 Google+(グーグルプラス)を使いこなす秘訣


鈴木塾 2年で月収500万の秘密


せどりとアフィリエイトで片手間に30万稼いで、自由な時間をGETしよう!




甲子園大会の「盲点の1点」を構造化してみると


誠 Biz.ID 8月17日(金)15時25分配信











甲子園大会の「盲点の1点」を構造化してみると
図1:甲子園で起きた「ルールブックの盲点の1点」の図解



 アイデアクラフト・開米瑞浩の「説明書を書く悩み解決相談室」第40回です!

 甲子園で行われている全国高校野球選手権大会で8月13日、珍しいプレーが出ました。あまり起きない状況で適用されるルールで、予想外の得点が入ったのです。「ルールブックの盲点の1点」として話題になったので、ご存じの人も多いことでしょう。



【図2:「誰」「いつ」「何」「意味」の4要素を構造化したもの、ほか】



 その珍しいプレーというのはこういうものでした。



1アウト、ランナー1、3塁でバッターの打球はショートへの飛球。ショートがそれを捕って2アウト。ボールを1塁に送って、飛び出していた1塁ランナーもアウト。3アウト完成により無得点でチェンジ……と思いきや、3アウト目の前に3塁ランナーがホームインしていた。このホームインはタッチアップの条件を満たしていないため、本来は反則だったが、守備側チームがそのアピールをせずにベンチへ引き上げてしまったため、ホームインが有効となり、攻撃側に1点入ってしまった。



●野球経験のない妻でも分かる説明の仕方



 ちなみに有名な野球マンガ「ドカベン」で類似の状況が描かれていたこともあり、私も子供のころにそれを見た記憶があります。おおー、そうかそうか、あのプレーが実際起きたのね、しかも狙ってやったって? へえー、と、1人で盛り上がっていたところ、後ろから妻がこう言うんですね。



 「何これ? どういうこと? 全然分からない」



 確かに、これは野球に詳しい人でも混乱しやすい、ややこしい状況なので、野球をやったことのない彼女が分からないのは無理もありません。というか、分かったらビックリです。



 そこで、知識の構造化職人を自任する私が分かりやすい解説図を描きました。それがこれです。



 これを描いてtwitterで公開したところ、次々リツイートされて2時間ぐらいのうちに約200リツイートを記録しました。「おお、これは分かりやすい!」と思ってくれる人がそれぐらい多かったらしく、実際、妻にも「これならよく分かる!」と好評でした。



 もちろん、そんなふうに「分かってもらえる」のには理由があります。この図は、この種の状況を分かりやすく表現するための、ある基本的なパターンを踏襲しています。となると、「この種の状況」とはどんな状況なのか、また「基本的なパターン」とは何のことかが気になりますね。どういうことか、説明しましょう。



●「誰、いつ、何」+「意味」のコンビネーション



 この種の状況を簡単に言うと「複数の登場人物が時間軸に沿ってそれぞれ何らかの行動をし、それが何らかの意味を持つ」状況です。従って、これを理解しやすく整理するためには、「誰」「いつ」「何」に加えて「意味」の4要素を把握しやすいように構造化する必要があります。そこで便利なのがこんなパターンのチャートです。



 つまり図1(下に再掲)は、誰、いつ、何とその意味の4要素をきっちりと整理して描いてあったわけです。単純にそれだけなのですが、これが非常に便利で応用できる機会が多いので私はよく使います。



 理屈としては当たり前の話で、この種の状況の説明を文章や個条書きで読んだり、あるいは音声で聞くだけだと、4要素が頭の中でこんがらがってしまうことが多いのです。それを防ぐためには、4要素を簡単に区別できるように構造化しておく必要があります。それをすると図2のようになるのは必然とも言えることなんですね。



 複数の登場人物が時間軸に沿ってそれぞれ何らかの行動をし、それが何らかの意味を持つ状況は、何もビジネスに限ったことではありません。情報システムの動きやビジネスワークフローの中でもよく起こります。そのため、これを整理するには図2のような基本パターンを応用できることが多いので、次の機会にはぜひ使ってみてください。



 当連載では、「分かりにくい説明書を改善したい」相談を歓迎しております。「改善案のヒントがほしい」例文があれば遠慮なく開米へお送りください(ask@ideacraft.jp )。今回のような連載での紹介は、許諾をいただいた場合のみ、必要に応じて内容を適宜編集したうえで行います。



 当記事についてのご意見ご感想ご質問等は「twitter:@kmic67」宛でも受け付けております。中には記事では書ききれない情報もあります。物足りなく思った時はぜひ「twitter:@kmic67」宛に質問を飛ばしてみてください。



[開米瑞浩,Business Media 誠]







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120817-00000039-zdn_b-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します


⇒ ブログランキング

関連記事
  1. トラックバック:0|
  2. コメント:0
  3. カテゴリー:最新ビジネスニュース

コメント

コメントを投稿する

コメント:

秘密: (管理者だけに表示を許可する場合)
 

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamikamidaiohtokuten.blog.fc2.com/tb.php/9-3d255efd
  1. 収入アップ大作戦!アフィリエイト初心者でも毎月安定して1万円稼ぐ方法
  2. > 甲子園大会の「盲点の1点」を構造化してみると
ブックマーク&RSS


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
人気記事ランキング

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング&相互リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。